三重県伊賀市別府690-1

愛農かまど

IMG_2546

 

ー愛農かまどのこれからと現在

 

愛農かまどは、戦後から昭和30年代にかけて愛農会の生活改善事業として全国の農村に普及されました。

当時、農村家庭では煮炊きは薪で行われており、薪燃料を山から調達することで日本の森林資源が枯渇してしまうことを

心配した愛農会創始者小谷純一が少ない薪で調理ができる熱効率の良いかまどの開発を呼びかけ、

料理研究家の酒井章平氏が考案したのがこの愛農かまどです。

 

昭和30年代中ごろになり農村にもプロパンガスが普及するようになってからはその存在は忘れ去られていましたが、

2004年に愛農会員の野呂由彦さん(三重県多気町)が近隣に住む故・北村勝一さん(2015年92歳でご逝去)の指導のもと

ご自宅に設置されたことで技術と木型が野呂さんに手渡され、愛農かまどは現代に息を吹き返しました。

 

その後、ブルーベリーフィールズ紀伊国屋代表の岩田康子さんからの依頼を受け2007年に滋賀県大津市にあるレストランに

一基の愛農かまどが設置されたのを皮切りに、紀伊国屋が経営する他のカフェやレストランにも

次々と愛農かまどが建てられていきました。そうして愛農かまどは多くの人に知られることとなり、全国にじわじわと広がっています。

 

その後、ブルーベリーフィールズ紀伊国屋の岩田康子さんからの依頼を受け2007年に滋賀県大津市にある同社のレストランに

一基の愛農かまどが設置されたのを皮切りに、紀伊国屋が経営する他のカフェやレストランにも次々と建てられていきました。

そうして愛農かまどは多くの人に知られることとなり、薪でご飯を炊く豊かな時間とともに全国にじわじわと広がっています。

     

〇製作方法について興味のある方はお問い合わせ下さい